観察会・信越自然郷の「夜と昼」

 8月3日と4日に「信越自然郷の『夜と昼』」と題した観察会を開催しました。3日の夜の観察会は、戸狩スキー場で小野寺宏文さん(松本むしの会)からクワガタをはじめとした虫のおはなしを聞き、ライトトラップによる夜間昆虫観察を行いました。
d0257018_5582977.jpg


 小野寺さんのおはなしに熱心に聞き入る子供たち
d0257018_635476.jpg


 ライトトラップによる昆虫観察。蛾やクワガタムシが飛来しました。
d0257018_65636.jpg

d0257018_655984.jpg


 4日の昼の観察会は、鍋倉山の「巨木の谷」に入り、信州大学の渡辺隆一先生にブナの森の大切さを解説していただきました。
d0257018_6112192.jpg


 鍋倉山のシンボル・ブナの巨木「森太郎」
d0257018_6125833.jpg


 途中、雨が降り出しましたが、渡辺先生には熱心に解説していただき、参加者は皆満足していました。
d0257018_6154215.jpg

[PR]

by iisatoyama | 2013-08-14 06:19 | 活動記録