タネの泥上げ

五束集落の古民家(私の自宅です)では,タネの泥上げを行いました。
毎年たまった泥を浚渫することで,屋根から落ちた雪を融かす役割と生き物の生息地を維持します。

まず,水路脇の草刈りです。これによりカタクリやフクジュソウの生息地を維持できます。
d0257018_16112449.jpg


泥上げ開始。コンクリート張りですが,いろいろな生き物がいます。
d0257018_16111887.jpg


泥上げしながら,水棲生物をバケツにいったん移し替えます。
これは子ども達の役割です。コオイムシとかミズカマキリ,オニヤンマのヤゴなどいます。
d0257018_16112199.jpg


こちらは伝統的なタネです。
やはり雪融かし能力はコンクリ張りに劣りますが,生き物の豊富さは勝ります。
夏にはホタルが乱舞します。
d0257018_16112322.jpg


ほぼ一日の作業です。
大変ですが,皆で泥まみれになりながらの労働も,なかなか楽しいものです。
[PR]

by iisatoyama | 2012-11-24 16:09 | 活動記録

生息地の手入れ

オオルリシジミの生息地の手入れです。
雪に埋もれる前に草刈りをしました。
ここのカヤも屋根の材料として使えればよいと考えています。
d0257018_1674677.jpg

d0257018_1674474.jpg

やっぱりこれ。寒い中での作業後の豚汁は最高ですね!
d0257018_1674060.jpg

[PR]

by iisatoyama | 2012-11-24 16:06 | 活動記録

カヤ刈り

古民家再生を手がける(株)修景事業 さんとの共同プロジェクトの一環で,
カヤ刈りをしました。

カヤは屋根材として利用を目指します。 

カヤ場再生 → スキー場の有効活用 → 草原性の生物多様性の維持 → オオルリシジミの生息環境創出 → オオルリシジミの定着!

10年後には収益を活動資金にできるよう地道に活動していきます。

d0257018_14255566.jpg





d0257018_14255296.jpg

d0257018_14255761.jpg

d0257018_14255964.jpg

[PR]

by iisatoyama | 2012-11-22 14:26 | 活動記録

ロープ撤去

d0257018_2343286.jpg

d0257018_23431955.jpg

雨の中,オオルリシジミ生息地のロープを撤去しました。
私はPTA作業と重なり,参加できずすみませんでした。
参加者4名。

@Mさん撮影
[PR]

by iisatoyama | 2012-11-10 23:41 | 活動記録

里山の秋

d0257018_18122994.jpg小学校の駅伝大会。
秋の里山を子ども達が一生懸命かけぬけていました。
[PR]

by iisatoyama | 2012-11-08 18:12 | 自然便り

鍋倉山ブナ林晩秋

d0257018_1810166.jpg

d0257018_18104476.jpg
森姫ブナです。
朽ちるのはとても早いけれど,
周りのブナの木々の成長も早いようなので,
世代はちゃんと引き継がれています。

d0257018_1811187.jpg
自作の積雪深計です。8mあります。これでも昨シーズンは足りませんでした。
今シーズンはどこまで積もるか楽しみです。
d0257018_18101948.jpg
[PR]

by iisatoyama | 2012-11-05 18:08 | 自然便り

11月と12月の活動のお知らせ(協力者募集)

1.オオルリシジミ生息地の環境整備について                   
(1)日時:平成24年11月10日(土)及び11月24日(土) 9:00~15:00
(2)集合場所:午前9時に飯山市公民館前、途中参加の場合は現地直行。
(3)作業内容:保護区域設営ロープ及び看板の撤去、刈り払いによる歩道の整備、灌木類の伐採作業による草原環境維持、クララの採種作業・・・など

2.修景事業と提携した戸狩スキー場におけるカヤ刈             
(1)日時:平成24年11月17日(土) 9:00~15:00
(2)集合場所:午前9時に戸狩スキー場「とん平」駐車場、途中参加は、駐車場正面上方のゲレンデ脇で作業しているので、了解を・・・。
(3)作業内容:カヤ類の刈り払い、刈り払ったカヤの運び出し、結束作業など

3.「長野県環境保全研究所・平成24年度公開セミナー」の開催           
(1)日時:平成24年12月1日(土)13時~16時(開場12時)
(2)場所:飯山市公民館(総合学習センター)講堂
(3)講演内容
「飯山の森と里の命のにぎわい」:信州大学教育学部准教授 井田秀行会長
「ナベクラザゼンソウの不思議」:環境保全研究所自然環境部 大塚孝一さん
「オオルリシジミの保全活動」:北信濃の里山を保全活用する会 福本匡志
「多雪地の飯山と気候変化」:環境保全研究所自然環境部 浜田崇さん
[PR]

by iisatoyama | 2012-11-02 18:11 | 参加者募集